赤ちゃんの柔軟剤選びは徹底要|【安全な柔軟剤をご案内】

赤ちゃんの柔軟剤選びは徹底要|【安全な柔軟剤をご案内】

juunanzai

【洗剤や柔軟剤の香りが赤ちゃんに悪影響を与える!?】

 

 いい香りは人をリラックスさせる効果があります。
最近ではいい香りがすることがウリである洗剤や柔軟剤も多く見かけます。
しかし、その香りのもとである「香料」が赤ちゃんに悪影響を与える可能性があることをご存知ですか?
それはなぜなのか詳しくご紹介します。

 

香料が原因で「化学物質過敏症」になる!?

 

 洗剤や柔軟剤に含まれる香料はほぼすべてが「合成香料」です。

天然の香りである天然精油は高価であるため、
一部の赤ちゃん用の商品などには使われていることもありますが通常の洗剤や柔軟剤にはほとんど使用されていません。

 

 合成香料は揮発性の化学物質で、
神経系統やホルモンの分泌機能への影響が懸念されています。体への影響がはっきりとわかっていない成分もあります。

 

デパートの化粧品売り場を通ると気分が悪くなったり頭痛がしてしまう…
そんな話を聞いたことはありませんか。

 

それほど香りは身体へ大きな影響を与えるのです。

juunanzai

 

大人でもそのような影響があるのに、
神経系統が未熟な赤ちゃんがベビー服を通じて合成香料の香りを吸い込むとどうなるでしょうか?

化学物質から作られた香料の成分が鼻から吸い込まれ、まだ小さな赤ちゃんの体内に入り込んでしまいます。

 

言葉で訴えることはできないかもしれませんが、
それが原因で体に不調をきたす可能性があるのです。これを「化学物質過敏症」といいます。

 

「化学物質過敏症」とは特定の化学物質に継続して接触していると、
のちにその化学物質にわずかな量でも接触するだけで頭痛など様々な症状が出てくることです。
この原因となりうる化学物質が合成香料には含まれているかもしれないのです。

 

香り成分は衣類に残り続ける!

juunanzai
 「本当に洗剤や柔軟剤からそんなに影響を受ける?」と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 洗剤や柔軟剤に含まれている香料がどのような目的で配合されているのかを考えるとおのずと答えは出てきます。

香料は衣類に気持ちのいい香りをつける目的で配合されています。

 

よって、すぐに香りの効果がなくなるようでは意味がありません。
できれば着ている間はずっと香り効果が持続することが望ましいです。

 

そのために洗剤や柔軟剤により強い香りを配合したり、

長時間香るための工夫をして香料を配合しています。

 

 体の小さな赤ちゃんが長時間合成香料の香りを吸い続けると前述のとおり化学物質過敏症になるなど悪影響が考えられます。

 

 また、赤ちゃんだけでなくいっしょに過ごす家族が使用する洗剤・柔軟剤の香料にも気を付けましょう。
赤ちゃんを抱っこしたり隣で寝たりと家族は赤ちゃんと長時間密接に関わります。

 

その際に赤ちゃんは大人が着ている衣類に付着している香料の香りを吸い込みます。
そのため赤ちゃん自身が着ている洋服だけではなく、
家族の衣類を洗濯する際にも合成香料の有無には気を付けましょう。

 

赤ちゃんのためには無香料の商品を

juunanzai
このように洗剤や柔軟剤に含まれる香料は赤ちゃんの体に悪影響を与えてしまう可能性があるものもあります。
それでは赤ちゃんが使う洗剤や柔軟剤はどのように選べばよいのでしょうか?

 

香料以外にも気を付けるべき点はいくつかありますが、
香りに限って言うと「無香料のもの、または「天然香料」を含んだ商品を選ぶことが大切です。

 

合成香料を避けることで赤ちゃんが化学物質を吸い込む危険性を下げることができます。

 

赤ちゃん用の洗剤や柔軟剤も多く販売されています。
一般的な商品と比較すると低刺激につくられていますが、
できれば成分表示をよく確認して使用するようにしてください。

 

また、赤ちゃんと接する家族が使用する洗剤も同じように選ぶとなお良いです。

 

かけがえのない赤ちゃんの健康を守るためにも、
配合成分に気を配ってより安心な洗剤・柔軟剤を選んでくださいね。